テンプスタッフ通常雇用との違い

テンプスタッフと通常雇用との違いとは?

 

テンプスタッフと直接雇用ではお給料の支払い体系についても違いがあると説明しましたが(*詳しくは「テンプスタッフと給料」を参照ください)実はそれ以外にも大きな違いがあります。

 

画像

 

○就業までの流れの違い

 

その一つが就業までの流れです。

 

通常の雇用の場合、就業までの進み方は基本的に企業側が面接や試験を行い全ての採用・不採用を判断・決定いたしますが、派遣スタッフの場合は基本的に面接や試験などはありません

 

(*場合によっては面接というカタチを取る場合もあるようです)

 

そもそも派遣スタッフと言うのは「クライアントから要望のあった人材にマッチした登録者を派遣する」と言うシステムなので、大抵の場合派遣会社側からお仕事の紹介打診があればその後に企業側との顔合わせがあり、こちらが了承すればそのまま就業・・という流れになっているのですね。

 

もちろん派遣で働くと言うことは「即戦力」が求められていますから、企業側との面談の前には派遣会社内において選考がありますし、選考基準として今までの経験やキャリア、スキルなどを参考に候補者が選ばれます。

 

特にテンプスタッフの場合、今までにどれだけ経験があるかを重要視される傾向が強いので全くの初心者の場合にはなかなか希望通りの仕事案件が回ってこない・・ということもあるようです。

 

○空き時間があればスキルアップを目指そう

 

テンプスタッフは派遣スタッフのキャリアアップを応援するための支援がかなり充実している派遣会社です。

 

良いお仕事をゲットするためには自分のスキルを磨くことが重要ですから出来るだけ色々な資格取得などに挑戦してみることをオススメします!

 

画像

 

画像

画像

画像

画像